実力あるファンドなら確実な効果

長期投資の方法の一つとして、ファンドや証券会社に対して積立投資を行うという方法があります。この方法の長期投資にはどんなメリットがあり、どんなデメリットがあるのでしょうか?

まずメリットとしては、積立投資という形がドルコスト平均法を用いるのに非常に適しているということが挙げられます。ドルコスト平均法というのは、毎月の投資について、購入口数ではなく購入金額をベースにして続けていくというものです。

口数をベースにしていると、毎月の相場によって支払うべき金額にかなりの違いが出てくるため継続的な投資が難しくなります。ただ、金額をベースにして口数を変えていれば、当然購入する金額は同じですから長期投資のネックである継続性の維持が難しい、というポイントをクリアしやすくなっています。

また、一括で購入するとその時々の金利の影響を強く受けるのに対して、ドルコスト平均法を利用して長期間に渡って投資を行っていれば、非常にリスクコントロールを行いやすく、コストを極力抑えながら長期投資を続けていくことができるのです。
ただし、この投資方法のデメリットは、ファンド選びが非常に重要である、ということです。実力のないファンドに投資すると道連れにされる可能性もあります。

ハーバード大学の分散投資を学ぶならヘッジファンドダイレクトのサイトがおすすめ

Feel free to leave a comment...
and oh, if you want a pic to show with your comment, go get a gravatar!





>